プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド

サッカーゲームと言えばいくつか思いつくタイトルがありますが、SEGAから配信されている「プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド」はその中でも地元愛に応えてくれるタイトルですよね。

プレイヤーの地元にサッカークラブがあったら…という夢をシュミレーションさせてくれるサッカーゲーム。

早速自分の地元にサッカークラブを作っちゃいましょう♪

ゲームのアシストをしてくれる美人秘書さん。

シュミレーションゲームの秘書さんと言えば萌え要素の入れどころですが、SEGAだけあって硬派な雰囲気。

どことなく女子アナにいそうな顔立ちですね。

「プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド」はシリーズ初の世界同時展開。

大抵のプレイヤーさんは日本にサッカークラブの拠点を構えると思います。

地域による難易度の差はないので、迷わず地元選択で問題無しです。

選手入場も臨場感溢れる演出。

サッカーの試合中継ってカメラワークがカッコいいですよね。

試合はキックオフからオートで進行されます。

試合中にはスキルが発動するなど選手は様々なアクションを見せてくれます。

試合の進行はテキストで確認ができる上に倍速プレイや結果のみのダイジェストも可能。

ゲームのメインは選手の育成やクラブの運営になっていきます。

クラブの運営

プレイヤーは経営難に陥ったクラブを引き継ぐ形で運営に参加していきます。

クラブ名やエンブレム、ユニフォームを自分の好きな様に変更できます。

ユニフォームはシャツ・パンツ・ソックスを好きなデザインやカラーでオリジナルに設定できるのが嬉しいところ。

このゲームで目標とするのは自分の運営クラブを「世界No.1クラブチームにすること」。

まずは下位リーグに所属しているクラブを上位リーグへ導きます。

所属しているリーグに応じてレア度の高い選手の獲得機会も上がっていくので、より上のリーグへ所属出来る様にチームを構築していきます。

選手は毎月第1週と第3週にクラブのスカウトマンが選手をピックアップしたリストを提示してくれます。

その中からスカウト選手を選びますが、クラブの運営もあるので契約金や年俸といった支出で運営難にならないように選手を選んでいきます。

支出に見合った選手を採用するというのもリアリティがありますね。

 

選手の育成

選手は試合に出してレベルを上げていきます。

レベルが上がるとパラメータも上昇。

練習メニューからも能力UPが図れるので、リーグ戦に参加して練習メニューを入手し、選手を強化します。

スカウトや練習、試合などのチーム運営が終ったら週が終ります。

基本的には選手強化→試合による資金の調達のルーティンを繰り返しつつ、資金の増加に伴って施設の拡充やスカウトリストの選手の獲得などを段階をえながら行っていきます。

まとめ

サカつくシリーズの醍醐味をスマートフォン向けに持ってきたようなゲームです。

実況がテキストなのは残念な感じもしますが、ゲームの硬派な作りこみ具合がSEGAだなぁと感じさせてくれます。

本作では自撮りした写真で自分の分身キャラの作成も可能な「フォトつく」機能も搭載されています。

顔がよく分かるものであればイラストでも可能なので、好きな2次元キャラのサッカー選手もつくれちゃうかのしれませんね。

サッカー観戦が好きでシュミレーションも大好きという方にはおすすめのゲームです。