プロジェクト東京ドールズ

「プロジェクト東京ドールズ」は、緊張感とバイオレンス感漂う音楽がゲームそこかしこに流れていて、何か怖いんだけど、怖さが癖になりそうなアクションゲームです。

可愛い女の子が沢山出てるのに、全然きゃぴきゃぴしてないよー(/□≦、)エーン!!

そして、なんかこうヒロイン達皆怖いよーコワイョ━━((((。iдi。)))━━ッッッ!!!

もう、皆アイドルなんだよね?って画面越しに聞きたくなるようなオープニングです。

プレイヤーネームも意味深に聞かれちゃうし。

オープニングで何故かプレイヤーキャラクターは倒れちゃってるし。

こんな可愛い女の子に助けられてるのに、選択肢出てこないし。

(o ><)oもぉぉぉ~っ!!

じゃなくて。

この作品はギャルゲーではなくダークファンタジーなアクションゲームでした。

皆可愛いからうっかり勘違いしちゃいたくなる。

バトル

アクションゲームですがターン制攻撃なのがちょっと珍しい。

アクションゲームと言えば自分も敵も同時に攻撃して防御してというのが普通という感じですが、本作はターン制なので、攻撃と防御のそれぞれに集中できます。

武器によって違いはあるのですが、攻撃はリングが出たらタイミングよくタップ。

★ソードの場合★

まずリングはバトル開始直後画面に出ていないので、タップしてリングを出現させます。

リングの回りに白い円が出てくるので、リングの中央と重なったタイミングでタップします

★ハンマーの場合★

タップしてリングを出現させます。

バーとポイントのついたリングが出現するので、画面長押しの後、バーがポイントに重なるタイミングで手を離します

 

★ガンの場合★

タップしてリングを出現させます。

照準が3つついたリングが出てくるので、バーが照準に重なるタイミングに合わせて3回タップします。

攻撃方法は3種類あり、音ゲーみたいにタイミングを合わせていくのがちょっと苦手な人は、ガン攻撃を苦手に感じるかもですが、ガン攻撃はコンボやスキル回復に有利なので、判定パターンを覚えてひたすら練習あるのみ。

タイミングばっちりで攻撃すると、ドール達の華麗な攻撃アクションが展開されます。

ガードも敵がドールに向かって飛んでくるのでタイミングを合わせてタップして攻撃を防ぎます。

仲間とのスイッチ攻撃を使えば、強力な攻撃やスキルゲージをためることも。

スイッチは1ターンに1回、最大3回までできます。

アイドルだから攻撃前のポージングも「キメっ」としててカッコいい。

スキルは画面左下の赤いボタンが輝いたらタップで発動。

一度つかったらしばらくは使えないので、攻撃してスキルゲージをためなおします。

画面上中央のハートが輝いたらエモーショナルバースト(超必殺技)が使える合図。

画面を連打してガンガン攻撃していきます。

2人のドールでダブルアタック。

エモーショナルバーストに入る前のシーンはアイドルっぽくて

。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!

ちなみにエモーショナルバースト終了のシーンもアイドルっぽくてここは見どころだなと思います。

ヒロイン達

一番最初に出てくるサクラを含め、8人の女の子が登場します。

ホラーだぁー、怖いよーとは言うものの、ちゃんとストーリーパートでヒロイン達の可愛い一面や日常もみれますので、ご安心下さい。

ただ、若干一名、常に挙動不審というか、病んでるというか、何か目が離せない女の子がいますけどね。

画面みたら一発で分かりますが、真ん中の青い髪の「ヤマダ」からは目が離せません…というか、離れてくれない。

アイドルなのに、キラキラと言うよりもドロドロしている…。

某ファミレスにも目が離せないヤマダはいましたが、こちらのヤマダは画面全体から闇を感じてしまいます。

こんなヤマダもいつかは心開いてキラキラな笑顔になるのでしょうか…。

頑張って進めなければ!

まとめ

登場キャラクターが可愛いので、アイドルを落とすギャルゲーと思ってプレイすると、ストーリーとアクションパートがきっちりと作られたやりがいのあるゲームでした。

ヒロイン達は衣装やアクセサリーなどの着せ替え要素があったり、ゲーム全体のビジュアルがアイドル物という事でハートや鍵のモチーフが出てきたりと、女性にもおすすめしたいゲームです。