信長の野望201Xで開眼のコツは?

「信長の野望201X」は信長がUMA退治に現在日本で暴れるというちょっと変わったコーエーの作品。

信長の野望×SF的なゲームです。

てもこれを見る限りでは乗り物が馬からバイクに変わっただけ、殿への違和感はあまり感じられません。

ストーリー

ある日京都に穴が開き、穴からあふれ出した「幽馬(UMA)」達が周辺地域を侵略した。

「幽馬」に支配された土地は空間が歪み、人々が踏み入ることができなくなった。

さらに、その土地は戦国時代の日本へと変わっていったのである。

政府は「特地解放機構」を組織し、事態の解決を図る。

プレイヤーは陰陽師の末裔として「特地解放機構」の一員となり、京都や全国各地の「幽馬(UMA)」支配地域の解放を使命とする。

特地内では「幽馬(UMA)」と戦国武将が戦っており、「特地解放機構」は戦国武将と共闘体制を作り上げる。

プレイヤーはある戦国武将と戦いのパートナーとなり、助力を得ることになる。

進め方

まずは京都の解放から始まります。

現地へ行くと早速「幽馬(UMA)」に襲われサル顔の武将が助けてくれます。

最近他のゲームでイケメン化されているから、本作でもシュっとした感じの顔立ち。

何というかいつもの作品よりも泥臭い感じというか漢っぽい感じが足りないような…。

バトルはまさかのパズル形式。

確かにいつもの設定とちがって国盗り合戦ではないので、これくらい趣を変えるのもありですね。

画面上部には幽魔とそのHPゲージが表示されます。

画面下には3×3のマス上に武将の顔が表示されバトル開始。

攻撃は武将の顔アイコンのあるマスを移動させ、画面最下部中央の実行ボタンを押して行います。

マスは1つずずれるのではなく、行毎、列毎といったルービックキューブのような動きをします。

さらに、マス移動には制限時間が設けられています。

敵からの攻撃は、基本的に最前列の武将が受けます。

武将は、武芸者・戦術家・射撃手・薬師のいずれかの職業に属し、職業毎にマス上で取ることが出来る行動が異なります。

武芸者…打たれ強いが攻撃出来る位置は前列のみ。

中列・後列に配置された場合は力をためて次の攻撃が強力になります。

戦術家…前列・中列で攻撃ができる。

後列に配置された場合は力をためて次の攻撃が強力になります。

射撃手…攻撃位置に縛りはないが、打たれ弱い。

薬師…前列配置で攻撃、中列配置で前列武将を回復、後列は周囲の武将を回復させる。

打たれ弱い。

 

マスによっては青く光るマスと赤の三角形が描かれているマスがあります。

青く光るマスに武将を配置すると、武将がスキルを発動し、赤い三角形が描かれているマスに武将を配置すると大ダメージを受けます。

スキルマスを縦または横で一列揃えて武将を配置するとコンボが発生。

各武将アイコンの右下に書いてある数字は現代兵器の装填カウンターになります。

カウンターが100までたまると現代の武器で強力な攻撃を敵に浴びせます。

ガチャ

キャラクターを入手するガチャは貴石20個を消費して1回引くことができます。

有名な武将が排出されるので、どんな武将に会えるか楽しみです。

 

まとめ

戦国武将に現代兵器を持たせてもファンタジーっぽくみえない。

むしろかっこよく見えちゃうのが「信長の野望」の凄いところ。

バトルも、マッチパズルではなく行列を揃えるといった難しさも渋いです。