遊戯王 デュエルリンクス

遊戯王は初めてジャンプで連載が始まってからもう20年以上も大人気ですね。

こういう作品って本当にすごいなーと思います(・0・。)

遊戯に闇遊戯、海馬社長…個性的でカッコいいキャラも沢山登場します。

早速DLしてデュエルを楽しんでみました。

社長の厨二病的セリフがすでに懐かしさ満載でツボです…w

チュートリアル

本作はゲームスタートをタップすると、すぐにチュートリアルが始まります。

いきなりの2択…(ー’`ー;)う~ん・・・孔雀舞ちゃんいれば一択なんだが…。

どりあえずここは闇遊戯でいっとーこー。

社長も後で獲得できるようなので、どちらを選んでも大丈夫です。

チュートリアルは2人のデュエルを通して基本的な遊び方を覚えます。

チュートリアルから遊び方をバンバン叩き込まれますが、ここで覚えきれなくてもゲーム本編で確認できるので流れにのってゲームを進めても問題ないです。

ルール

デュエルはどちらかのLPが0、またはデッキにカードが無くなると終了になります。

勝利条件:相手のLPを0にする

先攻後攻:コイントス形式

手札:最初に4枚引きます

ドローフェイズ:デッキの1番上のカードを引いて手札に加える

スタンバイエイズ:ターン開始、速攻魔法カード等が使える

メインフェイズ:モンスター召喚・魔法・罠の発動

何もしないで終了宣言してもいい。

バトルフェイズ:手札のモンスターで相手のモンスターを攻撃する

相手にモンスターがいない場合は相手を直接攻撃できる

エンドフェイズ:ターンの終了を宣言する

手札が7枚以上の場合、6枚になるように手札を捨てる

これを繰り返して相手のLPを0まで削っていきます。

デュエリスト達とひたすらデュエルをしていき、デュエリストの頂点を目指すのが本作の目的。

街にはデュエリストたちが集まっているので、デュエリストアイコンをクリックしてデュエルに勝利してステージをクリアしていきます。

デュエルを進めていくと、レジェンドデュエリストとして原作の懐かしいキャラ達も登場してくるのが嬉しいところです。

パズルデュエル

デュエルやカードの使い方がよく分からない場合は、パズルデュエルに挑戦しましょう。

パズルデュエルには難易度があるので、簡単なものから挑戦していくとデュエルの基本や各カードの使い方が覚えられ、実践できるようになっています。

初回クリア時のみですが報酬ももらえるので、デスガイドさんの出すお題をクリアしてみましょう。

 

デッキを組む

デュエルやパズルデュエルをこなしていくと、カードのコンボが難しいなと思うことがちょくちょくあります。

ドローで運がないのもあるのですが(;´∀`)

プレイ始めでゲームに慣れていない内は、手動よりもおまかせデッキ編集してとりあえずデッキを整えておきましょう。

とりあず手札の中で勝てそうな20枚のデッキに組み合わせてくれます。

プレイ直後はデッキをいじくらず、パックも引かないで遊んでみたらとんでもない泥試合になってしまったのもいい思い出です(o´Д`)=з

慣れてきたら手動でデッキをシンプルに組んでみるのもありです。

まずはメインになるカードを1枚どれにするから決めておきます。

後はそのカードを生かすためのカードでデッキを構築していくだけです。

デッキは一応30枚まで手札を入れられるようになっていますが、20枚で十分だなぁというのがプレイした感想です。

最初は手札0のドローにならないのかなとも思いましたが、返って泥試合になっちゃいまして。

これは結構精神にくるなと思いました。

でもこのデッキの枚数も、結局はCPU戦や対人戦など、使い分けてプレイするようになる感じです。

まとめ

実際にプレイしてみて、「遊戯王デュエルリンクス」は慣れも必要なゲームかなという印象があります。

面白いので分からなくてもガンガンミッション戦を進めていきたくなるのですが、満足する所までゲームを進めたら、パズルデュエルやヘルプも確認して、基本的なことに精通すると戦略が練れるようになってより面白くプレイできそうです。