D×2 真・女神転生 リベレーション

「D×2 真・女神転生 リベレーション」は「真・女神転生(メガテン)」シリーズの最新作です。

既にメガテンシリーズのファンの方もメガテンはこの作品が初めてという方も楽しめるゲームとなっています

 

ストーリー

主人公は秋葉原の雑踏を歩いていると不思議な空間に足を踏み入れます。

きっかけは人気の動画配信者と対戦するためにダウンロードしたスマホアプリでした。

謎の老人「エインヘリャル」と出会い、心の内にある悪魔について教わり、主人公は未知の知的生命体「ヴェニタス」を信奉する「アコライツ」という団体戦う様に伝えられます。

主人公はエインヘリャルから説明を受け、これから仲間となる「デビルダウンローダー(D×2・ディーツー)」の下へと向かいます。

そこでは有名動画配信者の「メガキン」らと共に若い男女が忽然と行方をくらます事件を調査していく過程で「アコライツ」と対立を深めていくことになっていきます。

バトル

バトルはプレスターンバトルによるターン制。

基本はパーティーに編成している仲魔(悪魔)の分だけ行動ができます。

ex)2体の仲魔を編成している場合は2回、3体なら3回…という行動回数になります。

上の写真の場合だと2体出ているので行動回数は2回です。

さらに敵の弱点を付けばボーナスターンとして追加攻撃も可能。

弱点もあれば耐久体制もあり、これらは敵にも味方にも適用されるバトルシステムです。

他のメガテンやペルソナシリーズをプレイ済の方にはお馴染みのバトルだなと感じられますし、初見の方でも感覚で進めていけます。

初見で戸惑うところと言ったら、「ムド」や「ハマ」系など、攻撃属性が名前やアイコンからだと察しにくい攻撃でしょうか。

進め方

プレイ開始時に主人公の性別を決定します。

男女のどちらを選んでも能力値に違いはないので、好みやプレイに入り込みやすい方を選んで大丈夫です。

ストーリー展開も特に違いはありませんが、会話内容は若干男女で違いがあります。

本作はスタミナ制です。

スタミナは一定時間経過で回復します。

メインストーリーは1章1話というように進行していきます。

キャラクター

主人公以外のD×2を使用することができます。

その中の1人、コードネームがテンプラドラゴンという龍造寺梨花ちゃん。

昔の不良みたいな制服の着こなしやサバゲー好きな所、いきなり主人公にバトルを持ちかけてくるなど色々不思議な事をしますが、これもメガテンならこういう人いるよね的な愛すべきキャラです。

他にもビジュアルと中身の両方が個性的なキャラクターが仲間になるので、色々なキャラを使ってバトルを楽しんでみて下さい。

悪魔

「D×2 真・女神転生 リベレーション」では、ガチャで悪魔を手に入れる以外に「交渉」ができます。

一部の悪魔のみになりますが、「交渉」によって敵である悪魔を仲魔にできるのがメガテンの面白いところ。

悪魔が気に入りそうな選択肢を選んでいき、最後には体力やお金を与えるなどして悪魔の気を引きます。

また、「悪魔合体」を行えば、元になった悪魔達よりもさらに強い悪魔を生成することも可能です。

本作の「悪魔合体」では結果から素材になる悪魔を逆引きしてできるので、合成によるストレスが少ないところが楽です。

こちらもメガテンやペルソナシリーズをプレイしたことがある方にはお馴染みのやりこみ要素ですね。

まとめ

メガテンや他の派生作品の面白さを残しつつスマホ仕様に作られたゲームと言う印象を受けました。

背景の書き込みキャラクターの雰囲気が他作品にもあるけどどこか一線を画す雰囲気がメガテンだなぁという感じです。

キャラデザは逆転裁判の方なので、言われてみて見ると確かにナルホド君の面影も感じます。

でも総合的に見るとやっぱりアトラス感のあるゲームで、ゲームタイトルが与えてくれる独特の雰囲気って大切なんだなと感じさせてくれます。

メガテンナニソレ?なプレイヤーさんにもプレイしてみて欲しいタイトルです。