OVERHIT-オーバーヒット-

NEXONの3Dグラフィックってどの作品も力作だなぁと思います。

新作アプリの「OVERHIT」もスマホゲーム史上最高のグラフィックとの評判です。

確かにめっちゃキレイ。

「OVERHIT」の特徴はシネマティックな演出ですから、これはプレイする前から期待が高くなっちゃいますね。

ストーリーが壮大であるにも関わらず、日本配信版はオリジナルストーリーな上にキャラクターも日本向けにアレンジされています。

台詞の横にキャラ絵がでるのも日本版のみです。

世界観

複数の世界で構成された「ディコネクティア」を舞台に物語は展開します。

「サグバトの災禍」と呼ばれる事件が起こり、太古の魔神の復活を目論む秘密結社「コンクレイヴ」と、その野望を阻止するために数多の世界から終結した「黒翼団」と呼ばれる英雄たちが対立し、世界は滅びの危機にありました。

数々の死闘の末、幹部を失くした「コンクレイヴ」の野望は成就されず、集結した英雄たちは自分たちの世界へと帰還しました。

それから50年後、秘密結社「コンクレイヴ」が復活し、ルーモ法国の聖女ソフィアが狙われ、世界は再び戦乱へと動いていきます…。

バトル

バトルはセミオートで進行します。

スキル発動は手動になるので、バトルシステムは好みが分かれるところかもしれません。

フルオートバトルモードも選べるので、周回プレイしたい時は便利ですね。

スキルの発動は画面右下のキャラアイコンをタップして選択して発動させます。

スキルは一度使用すると再度使用するまでに一定時間の経過を待ちます。

スキルの発動予約は最大3つまでです。

また、各キャラには属性が付与されています。

5つの属性の内、火・水・風は三すくみ関係になります。

残り2つの属性の光と闇はお互いダメージが上昇する関係にあります。

編成

「OVERHIT」の編成は最大4人+Friendのヘルプが1人入ります。

リーダーを決めてリーダースキルを適用させますが、ステージ毎に欲しい強化要素も異なってきます。

事前に防御力の高いチームや攻撃力の高いチーム、バランス型のチーム等いくつか編成を用意しておくと便利ですよ。

編成を終えたらバトル中の前列・中列・後列を設定してバトル前の事前準備は一段落します。

進め方

各ステージはAPを消費して進めていきます。

APは一定時間をかけて回復します。

展開としては、ストーリーパート→バトル→ストーリーパートのように進行します。

ストーリーパートとバトルパートも違和感ない展開なので、気持ちがゲームの世界に入り込みやすいですね。

ガチャ

一番最初のガチャは30回まで引きなおしできる10連セレクトガチャが引けるので、「SSRのキャラが欲しい!」「可愛いキャラが欲しい!」と言う場合は、引き直してお好みのキャラが出るまで頑張るのもありですね。

重複した英雄や使いどころが分からない英雄は引退させることもできます。

また、ガチャには「装備ガチャ」や「フレンドガチャ」もあります。

「フレンドガチャ」は冒険に必要なアイテムが出てきます。

まとめ

各キャラのグラフィックが丁寧に作りこまれているので、画面を眺めているだけでも飽きないゲームだなと思いました。

聖女のソフィアも可愛い系なんですが、これだけグラフィックが綺麗だと美人系に感じてしまうので、口調はもう少しお高い感じの方が似合ってるかも。

キャラクターのcvキャストを見ると、確かにシネマティックだなという方が起用されています。

これからじっくりゲームを楽しみたいプレイヤーさんにはおすすめのゲームです。